RICE

筋トレlove

RICE

RICE





スポーツ中に接触、転倒、などにより怪我(捻挫、打撲、内出血、など)をした時に知っておくと役立つ応急処置を紹介します。
※骨折、脱臼、筋断裂、などの大怪我の場合は専門医の指示を仰ぐようにしましょう。

RICE

RICEとは(Rest)安静 (Ise)冷却 (Compression)圧迫 (Stabilization)固定です。
それぞれの頭文字を取ってRICEと呼びます。

Rest安静

まずは、スポーツ、直ちにやめ安静にしましょう。
そのままスポーツを継続してしまうと怪我の悪化につながります。
特に内出血している場合は貼れが増し回復の遅れにつながることがあります。
患部を固定すると時はブレースやシーネを使用するとよいでしょう。
痛みの軽減につながります。


Ice冷却

損傷した患部を10分以内に冷却(アイシング)しましょう。
痛みの軽減効果と患部の炎症による熱の除去が目的です。
熱をとらないと貼れや損傷箇所が広がり症状が悪化する恐れがあります。
氷嚢による冷却が一般的ですが、氷嚢が無い時はビニール袋で代用しましょう。
アイシング直後は痛みがありますが患部の感覚がなくなるまでしましょう。
目安は20分前後です。


Compression圧迫 

足首、手首などの軟部組織に捻挫などの損傷をした時は部分的に圧迫をしましょう。
アイシングを行いながら固定・圧迫をします。
これもアイシング同様に損傷箇所の広がり防止と、捻挫の再発予防の為に行います
強く圧迫しすぎると血流を止めてしまう事があるので注意が必要です。


Elevation挙上

内出血による貼れがある時は損傷箇所を心臓より高くします。


胸筋の筋トレ 上腕筋の筋トレ 腹筋の筋トレ
首の筋トレ ふくらはぎの筋トレ 前腕の筋トレ
背筋の筋トレ 太ももの筋トレ ストレッチ
トレーニングのスタンスとグリップ プロフィール
肩の筋トレ

柔道(投げ技)のページ 柔道(寝技)のページ

介護予防の筋トレT 介護予防の筋トレU 介護予防の筋トレV 介護予防の筋トレW

たんぱく質の話し 炭水化物の話し ビタミンの話し ミネラルの話し 脂質の話し

加圧トレーニング RICE プロテイン


Copyright (C)  All Rights Reserved 筋トレlove
このサイトはリンクフリーです。