筋トレ方法

筋トレ love

筋トレ方法




はじめに

筋トレ方法


  はじめまして、筋トレlove管理人のサイトウと申します。

  当サイトはダンベル・バーベル(フリーウエイト)を使った筋トレ方法を中心に掲載しています。

  ダンベル・バーベルを使った筋トレ方法は筋力がつきやすいのが特徴です。

  筋トレ&健康マニア?が作ったサイトなので至らない点はありますが、
  
  筋トレをこれから始める初心者の方、スポーツをされている方、

  健康・ダイエットをされる方など様々な人に見て頂けたら幸いです。
  
  筋トレ方法がよりわかりやすくするためにYouTube動画を付けました。


  筋トレをして健康でかっこいい体をてに入れましょう!

  当サイトを今後ともよろしくお願い致します。

 



  
筋トレ(筋力トレーニング)の説明


  筋トレとは簡単に言うと筋肉を傷つける作業です。
  
  筋肉は傷つき、
超回復することで筋肉は強くなります。

  筋トレは大きく分けて
2種類にわかれます。

 
 種類1     軽い負荷で行う筋持久力アップ
  回数     10〜20回以上行える負荷
  体の変化  筋肉が引き締まる

  種類2     強い負荷で行う瞬発力アップ
  回数     1〜5回以内で行える負荷
  体の変化  筋肉が大きくなる




  超回復


  筋力をつけるためには筋トレをしますが、同じぐらい大切なのが休息です。

  筋トレによって傷つけられた筋肉は休息をしないと筋力アップしません。

  傷つけられた筋肉は24時間〜48時間休息を入れることで回復します。

  回復した筋肉は筋トレ前と比べて筋力アップします。

  このことを超回復といいます。

  同じ箇所の筋トレは毎日行わないようにしましょう。



 速筋と遅筋


  筋肉は筋繊維という直径0.01mm〜0.1ミリメートルの糸が集合体です。

  筋繊維が伸縮することによって筋肉のパワーがでます。

  筋繊維は2種類あり、縮むスピードが速い速筋。瞬発力に優れています。

  もう1つは縮むスピードが遅い遅筋です。持久力に優れています。

  2つの筋肉の割合は人によって異なり変わることはありません。

  ですが、上記の2種類の筋トレを使い分けることにより能力はアップします。

  

注意 このサイトのコンテンツは筋トレ好きの素人が独学で調べたものです。
          これにより生じた怪我等の責任は一切取れません。

PR 脅威の筋トレ“HSMT法” 1万人以上が肉体改造できた筋トレ方法 筋肉を大きくする筋トレ方法

胸筋の筋トレ 上腕筋の筋トレ 腹筋の筋トレ
首の筋トレ ふくらはぎの筋トレ 前腕の筋トレ
背筋の筋トレ 太ももの筋トレ ストレッチ
トレーニングのスタンスとグリップ プロフィール
肩の筋トレ

柔道(投げ技)のページ 柔道(寝技)のページ

介護予防の筋トレT 介護予防の筋トレU 介護予防の筋トレV 介護予防の筋トレW

たんぱく質の話し 炭水化物の話し ビタミンの話し ミネラルの話し 脂質の話し

加圧トレーニング RICE プロテイン


筋トレリンク集 ダイエットリンク集 健康スポーツリンク集@
健康スポーツリンク集A 健康スポーツリンク集B 格闘技リンク集@
格闘技リンク集A スポーツジムリンク集 パワースポーツリンク集
健康・癒しリンク集 栄養・健康リンク集
生活・健康リンク集@ 生活・健康リンク集A 生活・健康リンク集B
生活・健康リンク集C 生活・健康リンク集D 生活・健康リンク集E
ステキなスポーツリンク集@ ステキなスポーツリンク集
生活情報リンク集@ 生活情報リンク集A

人気サイトランキング

ボディメーカー

健康・ダイエットランキング
Copyright (C)  All Rights Reserved 筋トレlove
このサイトはリンクフリーです。

五十肩の名医が考えた五十肩治し方